レイアウトの理解が大事!ホームページ作成の基本的法則

レイアウトの理解が大事です

ホームページを構築すると考えても、どういった所から着手したらいいか見当が付かないものと言えます。その為、まず第一にホームページで非常によく使われるレイアウトを把握することが賢明でしょう。どういったホームページでも構わないのですが、自分自身が非常によく見ているホームページを閲覧しましょう。そうすると、似たようなレイアウトの枠組みが見えてくるでしょう。ページの上においては、タイトルがあるのが通例です。ホームページによりましては両サイドにカテゴリー、或いは最新記事などがまとめられています。それに、ウェブサイトの中央には、記事見出しと本文が記述されます。以上のように、ホームページにつきましてはレイアウトがあります。さしあたって、こうしたレイアウトを把握することが大事です。

パーツ単位の役割があります

レイアウトを分けて、ウェブサイトを作っているのには意図があります。ひとつの例として、レイアウト分けに取り組むことで、閲覧者が分かりやすくなります。どんなところにどういった重要な情報が存在しているのかの見当がつき易くなります。こういったものがレイアウトを設定する効果ですが、個々のパーツは、役割を果たします。まず第一に、ページ上にポジショニングされ、タイトル入りの部分は、ヘッダーと言われています。トップページへ移りたい時に、使用される箇所がヘッダーになります。さらに、右と左のカテゴリーなどがセッティングされている所を、サイドバーといいます。この部分にそれぞれのページに対してのアクセスが行ないやすいように、一覧などのリンクを総合するとよいでしょう。そして、中央の本文が書かれている所が、ボディになります。

ホームページ作成で大切なことは、ターゲットを絞ることです。ターゲット層に向けたデザインやレイアウトを考えることで、ホームページにアクセス数を増やしやすくなります。