正規店と非正規店の特徴を比較してスマホ修理店を選ぶ

正規のスマホ修理店の特徴とは!?

スマホ修理店は、主に正規店と非正規店があります。スマホの画面割れや水没、バッテリー切れなどのトラブルが起きたときに、どちらを選べばいいのか悩むこともあるでしょう。正規のスマホ修理店では、携帯キャリア会社へスマホを持ち込み又は配送で修理を依頼できます。保証サービスに入っていれば安く修理してもらえたり、無料で本体交換ができるケースもあります。正規店は、スマホを製造したメーカーの純正部品で修理してもらえるというメリットがあります。ただし、修理に出す場合は、データは消えてしまうため、バックアップが必須となります。また、保証サービスに加入していなかったり、保証期間が切れてしまったときは修理代金が高くなります。修理や交換の期間は日数がかかることがあり、数週間かかる場合もあります。

非正規のスマホ修理店の特徴について

非正規のスマホ修理店は、お店に不具合のあるスマホを持ち込みすれば、修理内容によりますがその場で修理してもらえることが多いです。即日に不具合を直してもらえるところがメリットの一つです。壊れた部分だけを修繕するため、データはそのままで修理できる場合がほとんどです。急いでスマホの故障を直してもらいたいというときには、非正規のスマホ修理店は有利になります。ただし、純正部品ではない部品で修理をおこなうため、品質の悪い部品を扱うお店を選んでしまうと後から不具合が出てくることもあります。ですから、非正規のスマホ修理店を選ぶときは、信頼できるお店を慎重に選びましょう。非正規店の中には、独自の修理保証サービスをおこなっているところもあります。もしも後から不具合が出たら困るので、保証サービス付きのお店を選んでみてはどうでしょうか。

スマホ修理の心斎橋駅近店は、再生修理をしてくれる店があります。純正再生液晶パネルを用意しているので、修理後も変わらない操作感や解像度を得られます。