リードナーチャリングを重視したマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションの導入による売上向上

リードナーチャリングを行い、見込み客に対し、自社が扱う商材やサービスの購買意欲を喚起させるのが、マーケティングオートメーションを導入する目的です。Webサイトやイベントなどで集客した見込み客を逃すことなく、成約に結びつけることができる点が多くの企業に人気になっています。マーケティングオートメーションを成功させるためには、見込み客に配信する教育コンテンツの製作が大切です。定期的に商材の魅力を伝え続け、ユーザーに買っても良いという気持ちを抱かせる内容であることが必要なのです。教育を行うユーザーを選ぶ際には、事前にペルソナを決めておくことが必要です。広範に集客を行うよりも、自社に適したユーザーを的確に集め、販促を継続的に行うことを心がけましょう。

導入において注意すべきメリットとデメリット

マーケティングオートメーションを導入することで、営業マンが行うユーザーへの説明など、教育に関する部分がなくなるメリットを得ることはできます。定期的にメール配信を続けることにより、自社の商材に興味を抱かせ、自然な形で購買意欲を育てることができるのです。成約の可能性が高まった時点で、営業マンがクローズ処理を行えば良いのです。自動的に見込み客を成約可能な状態にまで持ち込むマーケティングオートメーションではありますが、導入にあたっては、それなりなコストが掛かってしまうのも実情です。無作為に見込み客の掘り起こしを行うと、多くの広告費やツールの導入費用も掛かります。ペルソナを明確に定義しておき、余分なコストの掛からない導入を実践しましょう。

大企業を中心に広まっているマーケティングオートメーションですが、急上昇する背景にはインターネットなどのデジタルツールの発展や買い手側の行動の変化があげられます。